People working in QOL.

兵庫医療大学卒業
#関西

interview04

平 亨洋

2016年入社
近畿薬局事業本部
近畿第四事業部

Q1

どんな薬剤師をめざしていますか?

A

患者さまに本当の意味で必要とされることのできる薬剤師になりたい。

Q2

薬局に就職しようと思ったのはなぜ?

A

学んだことを患者さまに伝えるため、より患者さまに近い存在である薬局薬剤師になりたいと思いました。その中でも教育に力を入れており、集合研修やフォローアップ研修など研修制度が充実してるクオールを選びました。就職してからは、新店の立ち上げに関わったり、病院での研修では日頃扱わない注射剤の勉強もできました。

Q3

普段から仕事で心がけていることはなんですか?

A

医薬分業は進んでいるとはいえ、まだまだ患者さまの中には「薬局=薬もらうだけ」と思っている方が多いのが現実です。そのため私たちはただ薬を早く用意するだけでなく、薬学的な知識を身につけ、患者さまの価値観を変えていく必要があると考えています。

Q4

社会人になって変わった休日の過ごし方

A

食事会・飲み会が大好きなので友人とはもちろん、勤務終了後に店舗の先輩や後輩と一緒にご飯を食べに行くことが多いです。最近はそのせいか体重が増えていく一方なので、休日にジムに行くことにしました。また、上司の勧めでゴルフを始めました。
社会人生活を楽しんでいます!

Hyogo University of Health Sciences

Old Boys & Old Girls

前へ

次へ

他の先輩を見る