PEOPLE社員紹介01

薬局は患者さまの
生活の一部。
いちばん近くの
安心を届けたい。

社員紹介01

関根美帆Miho Sekine

大学在学中は6年間ダンスサークルの活動に励む。
現在は薬剤師として店舗勤務の傍ら、採用業務にも携わる。かかりつけ薬剤師を目指して勉強中。

「アットホーム。だけど、斬新な事業展開に魅力を感じました」 「アットホーム。だけど、斬新な事業展開に魅力を感じました」

学生時代、自分がのびのびと働ける職場を探していたときにクオールに出会いました。説明会で採用担当者同士が楽しそうにお話していたり、先輩社員の方が、マネージャークラスの方がこまめに店舗に来てくれるので相談や提案がしやすいとおっしゃっていたのが印象的で。実際に、就職活動の中で会う社員の方々が皆話しやすかったので、本当に言いたいことが言える環境なんだなと感じました。それだけではなく、コンビニや駅とのコラボ、アプリの展開など、事業が幅広いことにも興味がわきました。これからの時代、薬局に求められるのは、調剤だけではないと思っています。いろいろなアイデアを持ち、挑戦しているクオールで、私も働いてみたいと思いました。

医師には言えなかったことに、耳を傾けることができる。 医師には言えなかったことに、耳を傾けることができる。

薬局の薬剤師としてやりがいを感じるのは、患者さまの身近な存在でいられること。患者さまのなかには、「薬を減らしてほしいけど、医師には相談できなかった」と打ち明けてくれる方もいらっしゃいます。私たちはそんな声をしっかりキャッチして、薬を減らせるようにしたり、他の薬の提案に行ったりします。たくさん薬がありすぎて管理が難しいという患者さまには、薬の分包や病院の一本化を勧めることもあります。一人ひとりに寄り添った対応の先には、患者さまからの「ありがとう」があります。いちばん嬉しかったのは、患者さまに顔と名前を覚えていただいたことです。「関根さんいる?」と言ってもらえた瞬間は本当に嬉しかったですね。

患者さまの『かかりつけ』を目指して。 患者さまの『かかりつけ』を目指して。

かかりつけ薬剤師の要件である単位取得のための勉強には時間もお金もかかりますが、クオールでは就業時間内で研修を受けられたり、会社で研修費用を負担してもらえるので安心です。今の店舗では、私以外の薬剤師はみんなかかりつけの資格をもっています。「私の先生いる?」という患者さまの声を聞くと、やっぱりうらやましいですね。クオールは研修や学術大会など、薬剤師として成長できる制度が充実しています。歳の近い先輩や同期がいて、店舗によって特徴や取り組みも異なるので、社内の方とお話しする度に患者さまへの対応のいろいろな処方の仕方を学べますし、勉強の励みにもなります。

患者さまの生活の一部になれる薬剤師に。 患者さまの生活の一部になれる薬剤師に。

人の仕事のなかに機械がどんどん入ってくる時代でも、薬剤師の働きをすべてAIロボットが担うのは難しいのではないでしょうか。知識や経験の必要性はもちろん、患者さまに安心してお話いただけるように目を見て相槌をうったり、薬の使用方法やアドバイスをその方に合わせてきちんと伝えることは、人にしかできないことです。薬局は患者さまの生活の一部であるべきだと思っています。相談のためだけに来てもいいんです。薬剤師を「先生」と呼んで、医師と同等に信頼してくださる方がいることが嬉しい。その信頼に応えるため、目の前の患者さまが安心して相談できるような薬剤師を目指して、日々勉強中です。

一番上に戻る