PEOPLE社員紹介02

接客も薬剤師の
大切な仕事。
身につけた知識と経験を、
患者さまへ。

社員紹介02

石河里紗Risa Ishikou

駅併設型の店舗に勤務する薬剤師。学生時代のブライダルコンシェルジュのアルバイト経験を活かし、接客を大切にしている。後輩への指導にも熱心。

「アットホーム。だけど、斬新な事業展開に魅力を感じました」 「アットホーム。だけど、斬新な事業展開に魅力を感じました」

駅クオールの店舗見学をしたとき、薬局に対する固定観念が崩れました。検体測定がその場で行えたり、駅ナカなど生活導線に合った場所に店舗を構えていたりと、患者さまに寄り添う薬局だと感じました。薬局は処方せんがないとなかなか行きづらい場所だと思っていましたが、クオールは違いました。不安なことがあったらいつでも来ていいし、健康促進のためのイベントも開催しています。「ぜひ来てください」って言える薬局って、素敵だなと思いました。

医師には言えなかったことに、耳を傾けることができる。 医師には言えなかったことに、耳を傾けることができる。

店舗見学の際に、患者さまと接する薬局長の姿を見たとき私のやりたい接客ができると感じました。ただ薬を渡すだけでなく、薬や病気に対する不安な気持ちを和らげるのも、薬剤師の役割ではないでしょうか。クオールでは、アプリと連携してすぐに薬を受け取れるシステムを導入している他、OTC医薬品もたくさん置いています。患者さまはCMのイメージなどで薬を選びますが、薬剤師なら症状を聞いて薬の箱の裏の成分表を見れば、患者さまに合った薬を提案することもできる。便利で親切なサポートを、薬剤師が積極的に行っていかなくてはと思っています。

患者さまの『かかりつけ』を目指して。 患者さまの『かかりつけ』を目指して。

薬剤師の仕事は、自分で得た知識をすぐに患者さまに還元できる仕事でもあります。学生の頃は試験のために勉強を頑張っていたので大変に感じていましたが、現在は、自分が調べてお伝えできる内容が目の前の患者さまの役に立っていると直に感じることができるので、勉強は苦ではありません。クオールでは実践的な研修が充実しているので、参加することでスキルがあがっていきます。社員の学習ツールとして、様々な分野が学べるeラーニングもすごく便利で、よく講座を観て勉強しています。同期がたくさんいるのもクオールの良いところです。薬薬連携が強い、医薬連携が強い、がん関連が多い、無菌調整を行っている、何件も在宅に行っている、健康サポート機能があるなど様々な環境で同期のみんなが頑張っている話を聞くことが、とても刺激になっています。

患者さまの生活の一部になれる薬剤師に。 患者さまの生活の一部になれる薬剤師に。

現在はかかりつけ薬剤師の資格を取るための勉強に力を入れています。でも、本当のかかりつけ薬剤師になるためには、資格よりも患者さまに選んでいただくことが大切だと思います。今の店舗では買い物のついでに寄ってくださる方が多くいらっしゃるので、まずはいつでも相談される薬剤師を目指し、普段の接客から信頼関係を築きたいです。風邪にたまにかかってしまう方、婦人科の悩みを抱える方などが比較的多くご来局されます。お話できる時間が限られていたり、次のご来局まで期間があくことも多いのですが、同じ目線に立って、少しでも気になった時に気軽に相談できる薬剤師を目指していきたいと思います。

一番上に戻る